もうすぐWatches and Wonders Geneva 2021 Digital

こんにちは、tsuyoponです。

いよいよ4/7から4/13の間『Watches and Wonders Geneva 2021 Digital』が開催されます。
世界最大の時計見本市『バーゼル・ワールド』が中止になっていたので久しぶりの大きな時計のイベントです。心躍ります。


参加ブランド

A. Lange & Söhne(ランゲ&ゾーネ)
Arnold & Son(アーノルド&サン)
Baume & Mercier(ボーム&メルシエ)
Bvlgari(ブルガリ)
Carl F. Bucherer(カールF.ブベラ)
Cartier(カルティエ)
Chanel(シャネル)
Chopard(ショパール)
Chronoswiss(クロノスイス)
Corum(コルム)
Ferdinand Berthoud(フェルディナント・ベルトゥー)
Greubel Forsey(グルーベル・フォルセイ)
Hermès(エルメス)
H. Moser & Cie.(H.モーザー)
Hublot(ウブロ)
IWC Schaffhausen(IWC シャフハウゼン)
Jaeger-LeCoultre(ジャガー・ルクルト)
Louis Moinet(ルイ・モネ)
Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)
Maurice Lacroix(モーリス・ラクロア)
Montblanc(モンブラン)
Nomos Glashütte(ノモス・グラスヒュッテ)
Oris(オリス)
Panerai(パネライ)
Patek Philippe(パテック・フィリップ)
Piaget(ピアジェ)
Purnell(パーネル)
Rebellion Timepieces(レベリオン・タイムピース)
Ressence(レッセンス)
Roger Dubuis(ロジェ・デュブイ)
Rolex(ロレックス)
Speake-Marin(スピーク・マリン)
TAG Heuer(タグ・ホイヤー)
Trilobe(トリローベ)
Tudor(チューダー)
Ulysse Nardin(ユリス・ナルダン)
Vacheron Constantin(ヴァシェロン・コンスタンタン)
Zenith(ゼニス)

オンライン上で開催される『Watches and Wonders Geneva 2021』。上記の38ブランドが参加予定です。
誰もが知るロレックスから日本ではあまり知名度がないブランドまで様々ですが、メジャーどころの多くのブランドが参加しています。これだけの数のブランドが2021年の新作をぶつけあう発表するのですからワクワクが止まりません。コロナ過のご時世だとこのようなオンラインのイベントを開催してくれるのはとても嬉しいですね。オンラインイベント後、上海でオフラインのイベントも行われ、上記の内14ブランドが参加予定です。




個人的新作予想

A. Lange & Söhne(ランゲ&ゾーネ)…オデュッセウススチール黒文字盤
Arnold & Son(アーノルド&サン)…DSTB緑文字盤
Baume & Mercier(ボーム&メルシエ)…リビエラ復刻版(白・黒・ブルー文字盤)
Bvlgari(ブルガリ)…オクト緑文字盤
Carl F. Bucherer(カールF.ブベラ)…パトラビチタンモデル
Cartier(カルティエ)…サントス赤文字盤
Chanel(シャネル)…J12新作
Chopard(ショパール)…アルパインイーグル緑文字盤、L.U.C新作
Chronoswiss(クロノスイス)…OPEN GEAR TOURBILLON 白文字盤
Corum(コルム)…BUBBLE新作
Ferdinand Berthoud(フェルディナント・ベルトゥー)…クロノメールFB2REムーンフェイズ
Greubel Forsey(グルーベル・フォルセイ)…GMT 5Nみたいな頭おかしい新作
Hermès(エルメス)…アルソー新作(緑文字盤グラデーション)
H. Moser & Cie.(H.モーザー)…パイオニア・トゥールビヨン緑文字盤
Hublot(ウブロ)…クラシック・フュージョン・ムーンフェイズ
IWC Schaffhausen(IWC シャフハウゼン)…ダ・ヴィンチブラウン文字盤
Jaeger-LeCoultre(ジャガー・ルクルト)…ハイブリス・メカニカ(レベルソに複雑機構を詰め込んだやつ)
Louis Moinet(ルイ・モネ)…メトロポリストゥールビヨン
Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)…タンプールスリムモノグラムブラウン文字盤
Maurice Lacroix(モーリス・ラクロア)…アイコン39mmラバーベルト
Montblanc(モンブラン)…Traditionブルー文字盤
Nomos Glashütte(ノモス・グラスヒュッテ)…タンジェントグリーン文字盤
Oris(オリス)…オリスアクイスデイトキャリバー400チタンケース
Panerai(パネライ)…Luminor Due グリーン文字盤
Patek Philippe(パテック・フィリップ)…アクアノートムーンフェイズ
Piaget(ピアジェ)…PIAGET POLO WATCH MOONPHASE
Purnell(パーネル)…まさかのスフェリオン3つ搭載モデル
Rebellion Timepieces(レベリオン・タイムピース)…RE-VOLTクロノグラフ
Ressence(レッセンス)…TYPE6
Roger Dubuis(ロジェ・デュブイ)…エクスカリバーダブルトゥールビヨンブルー
Rolex(ロレックス)…エクスプローラー新作
Speake-Marin(スピーク・マリン)…ACADEMIC METALLIC GREEN
TAG Heuer(タグ・ホイヤー)…アクアレーサー新作(ラバーベルト)
Trilobe(トリローベ)…レ・マティノーブラウン文字盤
Tudor(チューダー)…ブラックベイフィフティーエイトGMT
Ulysse Nardin(ユリス・ナルダン)…マリーン・ムーンフェイズ
Vacheron Constantin(ヴァシェロン・コンスタンタン)…トラディショナル青文字盤
Zenith(ゼニス)…デファイエルプリメロ21新作


こんな感じで予想してみました。
中には公式HPの情報でほぼ確定しているのもあります(ボーム&メルシエ、ジャガー・ルクルト、ロレックス等)。ほとんどのブランドで手の届かない価格帯の新作が出ると思いますが、見るだけならタダ。個人的には入門機となるような新作がたくさん出ることを願っていますが、世界規模でお金が余っているこの状況では1000万以上する高級価格帯の新作が多くなるのではないでしょうか。



今回は、いよいよ明日から開催される『Watches and Wonders Geneva 2021 Digital』について書きました。みなさん楽しみましょう。
時計を買う人の参考に、暇つぶしの読み物になれば幸いです。