久しぶりにグッときた時計

こんにちは、tsuyoponです。
Yahooでニュースを見ていると時計の広告が目に入るんですよね。ついつい表示されている時計を眺めていたら、久しぶりにビビッと来た時計を見つけてしまいました。


Victorinoxの時計

出典:Victorinox Japan

偶然見つけてしまったのは、スイスのブランド『Victorinox』の時計です。
今までこのブランド知らなかったのですが、スイスのブランドでアウトドア用のマルチツールが有名みたいですね。他にもスーツケース、香水など幅広く商品を展開していて時計もその中に含まれています。時計も公式ホームページを見た感じアウトドア向けの耐久性の高い時計を売りにしています。

中でも特に力を入れているのが「I.N.O.X.」というコレクションのようです。専用ページに“今この時代に:I.N.O.X. Mechanical”とデカデカと書いてあり、製品の特徴と作成過程についてインタビュー形式で答えています。そしてインタビューに答えているパジール・メーダーさんがまさかのケイスケ・ホンダスタイルという。
左手にメカニカル、右手にクォーツ、両方ともI.N.O.X.モデルということからブランドとしてI.N.O.X.推しなのが分かります。このモデル、130の耐久テストに合格したモデルだそうで耐久性は高そうです。耐久テストもいくつか紹介されていますが、「ボブスレーに装着してコースを滑走する」「10mの高さから落とす」などユニークなものがありました。「10mの高さから落とす」なんかG-Shockみたいですね。機械式時計でG-Shock並みの耐衝撃性があると考えると凄いことなのでは。


と、ここまでI.N.O.X.について書きましたが、ビビッときたのは実は別のモデルです。

出典:Victorinox Japan

Allianceというデイリー・ビジネス向けのモデル。I.N.O.X.は43mmという大き目のサイズですが、これは40mmで許容範囲。36~38mmだったらもっとよかった。


出典:Victorinox Japan

この文字盤のデザインにやられました。ケース径40mm、厚さ8.9mm、重さ78.2g、ラグ幅20mm、無反射コーティングサファイアガラス、裏スケ、100m防水、裏スケ、シンプルな3針デイト。ビジネス用としては申し分ない性能です。


出典:Victorinox Japan

価格は¥82,500。クロノ24だと6万円台で買えます。レザーの質感とかETAムーブメントとか裏側のケース蓋を見ると値段相応な気もするというかもう少し頑張って欲しい気持ちもありますが、スイスアーミーのロゴと「swiss made」そして文字盤のデザインを考えると個人的にはかなりお買い得な時計です。うーん、欲しい。ボーナス少し使ってしまおうか・・・。


今回は個人的にグッときた時計について書きました。
時計を買う人の参考に、暇つぶしの読み物になれば幸いです。