モーリス・ラクロアのアイコン39mmに待望のラバーベルトが!

こんにちは、tsuyoponです。

「GENEVE WATCH DAYS 2021」が開催され、参加した各社が新作を発表しました。
その中で注目したのがモーリス・ラクロア。アイコンのラバーベルトを近日発売するとのこと。
「アイコン」ユーザーの私としては一番嬉しいニュースです。

アイコンの何が良いかって、手の出しやすい価格で、流行りのラグスポデザインで、ストラップを自分で簡単に付け替えられることなんですよ。
替えのベルトがあっても専用の工具がないと付け替えられないと一般人には敷居が高いし、わざわざ付け替えるためにお店に行くのも面倒。その日の気分で簡単に付け替えられるイージーストラップ交換システムは個人的に全ての時計に標準で搭載して欲しい機能です。
そんな素敵な機能を搭載しているアイコンでも、な・ぜ・かラバーベルトを出していませんでした。アイコンベンチュラーなど一部のモデルではラバーベルトがありましたが、売れ筋のアイコン42mm・39mmはステンレスベルトとレザーベルトのみ。2016年にクォーツのアイコンを発表してから約5年経ってようやくラバーベルトを出してくれました。公式HPに「ずっとお客様の声に耳を傾け」とあるので、ラバーベルトの要望はやはり多かったのでしょう。

出典:モーリス・ラクロア公式HP

モーリス・ラクロアのHPの動画では42mmのラバーベルトしか出ていませんが、画像では39mmモデルにもラバーベルトが装着されているので両方のサイズで発売するものと思われます。
画像の真ん中のモデルも新発表のものですね。


出典:モーリス・ラクロア公式HP

うーん、あまり惹かれない・・・。ラバーベルトを黒に変えればありかもしれないけど44mmは細腕の私にはデカすぎる。水色って着けこなすのが難しそう。


出典:モーリス・ラクロア公式HP

そしてもう1つの新作、アイコンアーバントライブ。
これは評価が分かれそう。個人的には無しだけど、好きな人はハマりそう。
ラグスポのラグジュアリーなところを伸ばした結果こんな感じになったのかな。ダイヤ付きの時計とか好きな人は好きなデザインかもしれない。ベルトの部分まで自己主張の激しい時計なので着けこなすのはかなり難しそう。500本限定だけど一度実物を見てみたい。


ラバーストラップは近日発売とのことで正確な発売日はまだわかりませんが、多分9月中に販売開始されるんじゃないかな。とりあえず予約しに行こうと思います。